Home > 暮らしたい > 暮らす人 > ☆あの人に会いたい 池田敏美さん

☆あの人に会いたい 池田敏美さん

最上町をフィールドに、活動する魅力的な人に会いに行き、話を聞くこのコーナー!

今回は、ヴァイオリニスト池田 敏美(いけだ としみ)さん

分水嶺3 

Q.自己紹介をお願い致します!

最上町の堺田地区に住みながら、プレイヤーとして全国で演奏会や

ヴァイオリンのレッスンや後進の指導など行っています

IMG_6545

Q.ヴァイオリンを始めたきっかけは?

北海道旭川出身、酪農家の三女として生まれました。病弱で泣き虫だった

子ども時代、ヴァイオリンに出会って、性格が変わったように積極的になり親の反対を押し切って

東京の音楽大学に進学したのち、新星日本交響楽団の設立に加わり32年間

オーケストラにどっぷりつかっておりました。

2001年東京フィルハーモニー交響楽団との合併で2年間は、東フィル団員として活動

運命のいたずらか?2003年より最上町堺田に住みながら

フリーヴァイオリニストとして音楽活動を続けています

分水嶺1 

Q.どういった活動をされているんですか?

最上町に来てからは、オーケストラを離れ独奏活動が主になりました。

最上町以外に全国各地の

学校、病院、福祉施設、そば屋さん、お寺の本堂をはじめとして

コンサートホールだけでなく様々な場所で演奏するのが面白いです。

10年、20年と続けて毎年同じ場所で主催してくれる所も多く

お客さんとのふれあいを楽しみ、励まされつつ演奏を続けていられる

有り難さは格別です!

2分水嶺 

Q.最上町に暮らして良かったことは?

自然が豊かで、のんびり出来ること

山菜採りなども楽しみのひとつ

冬の厳しさは並大抵のものではないですが

そんな中でも町外からもお弟子さんが通い続けて、自分の特技として

自信をもってくれる子供達が育ってきているのは

とても嬉しいことです!

 池田さん写真

Q.一言お願いします。

4月に東京(三鷹市芸術文化ホール)で、人生初のCD録音してきました!

皆さんに聴いて頂いた曲の中から16曲

お客さんのいないホールで高性能のマイクの前に立っての録音は

ライブとは違う面が要求され改めて勉強させられました。

今年の9月末完成予定です!よろしくお願い致します!