封人の家

 

封人の家(ほうじんのいえ、旧有路家住宅)は、昭和44年12月18日、山形県東部に古くから見られた茅葺き寄棟造り、広間型民家の好例として、重要文化財に指定された最上町所有の建造物です。

桁行24.755メートル、梁間9.999メートル、平面積269.180平方メートル(約81坪)の大型民家。年代は特定できませんが、江戸初期を下らない時代の創建と見られています。

昭和46年~48年に解体復元工事が実施されて、創建当時の様式で保存、一般公開されています。 この建造物は、江戸期には新庄藩上小国郷堺田村の庄屋住宅で、内部は床の間、いりざしきなどの5部屋と内庭、内まや(厩)からなっています。

住宅構造には、江戸期に庄屋役と問屋役を兼ね、街道筋の旅宿ともなり、熱心な馬産家でもあった有路家の歴史的性格が強く反映されています。

この住宅は、松尾芭蕉が「おくのほそ道」に記した、堺田のいわゆる“人の家”と見なされています。元禄2年(1689)5月芭蕉は2泊3日にわたって“人の家”に逗留し、その時の印象を「蚤虱馬の尿する枕もと」の句で表現しました。

封人の家

いろり

封人の家

座敷

封人の家

土間

封人の家

封人の家

◎最寄駅

  •  堺田駅(堺田駅から徒歩5分)

◎観覧料金(1人につき)

個人 小中学生 120円 高校生以上 250円

  • 団体  小中学生 80円 高校生以上 180円

団体割引は、20人以上

◎開館時間

  •  4月~10/31 8:30 ~ 17:00
  •  11月中   8:30 ~ 16:00

 ※12月以降については最上町教育委員会までお問い合わせください。

 

最上町役場 TEL:0233(43)2111

山形県最上郡最上町大字堺田57-4