Home > イベント > イベント・春夏 > 瀬見まつり

瀬見まつり

毎年8月31日・9月1日は、瀬見温泉街の中心に鎮座する湯前神社の祭礼、瀬見まつりが開催されます。
 
8月31日前夜祭の演芸の夕べにて“瀬見伝統芸能保存会”による「義経弁慶太鼓」「瀬見小唄」などが披露されます。
瀬見伝統芸能保存会は瀬見温泉開湯伝説を未来へと、平成2年に瀬見町内の有志で活動を始め、伝統芸能を子供たちにも継承し、地元への誇りを持ってほしいと瀬見の小学生に教え始めました。
9月1日岩手県平泉町にある毛越寺の僧侶により祈祷が行なわれます。
 
10:00~威勢のいいかけ声とともに、子ども神輿が1軒1軒の旅館、民家をまわります。
10:30~義経と縁の深い平泉にある毛越寺の住職が、御利益がある散華を撒きながら温泉街を練り歩き、最後は馬に乗った義経と北の方、弁慶に扮した一行がゆっくりと進んで行き、亀割子安観音堂で供養祭が執り行われます。
 
 

繁體中文

瀨見祭典

每年8/31、9/1號,舉辦位在瀨見溫泉街中心的湯前神社的參拜活動以及瀨見祭典。

8/31 的前夜祭由「瀨見傳統藝能保存會」帶來「義經弁慶太鼓」、「瀨見民謠」的演出。
「瀨見傳統藝能保存會」透過許多形式將瀨見溫泉的開湯傳說帶向未來,從平成2年(1990)招集當地青年來舉辦演奏傳統樂器等活動,藉由提升孩子們對於故鄉的在地認同感。

9/1 舉辦由岩手縣平泉町的毛越寺的僧侶住持前來祈福的祭典。
10:00~伴隨著威風凜凜的吆喝聲,孩子們扛著神轎巡繞當地一間一間的旅館以及住宅。
10:30~由岩手縣平泉一間與源義經緣份深厚的毛越寺的住持撒著象徵生意興榮的花瓣同時列隊巡繞溫泉街祈求平安。最後在扮演源義經以及北之方(義經夫人)、弁慶一行騎乘著馬之下慢慢的行進至龜割子安觀世音寺參拜。

活動名稱:瀬見まつり
地址:〒 999-6211 最上郡最上町大堀987-15
舉辦期間:毎年8月31日、9月1日
聯絡電話:0233-42-2123 瀬見温泉旅館組合

譯者 最上町地域おこし協力隊 張 申豪

イベント名
瀬見まつり
999-6211
住所
最上郡最上町大堀987-15
TEL:
0233-42-2123 瀬見温泉旅館組合
開催期間
毎年8月31日、9月1日

瀬見まつりへのマップ

前のページに戻る

 ページトップ