Home > イケメントマト職人 海藤 鷹さん

イケメントマト職人 海藤 鷹さん

最上町をフィールドに、活動する魅力的な人に会いに行き、話を聞くこのコーナー!

今回は、トマト栽培の担い手 『海藤農園』 海藤 鷹(かいとう たかし)さん

Q. 自己紹介をお願いします。

最上町満沢に生まれ農業を目指したいと思い、農業大学校へ進みました。

卒業後すぐに就農し、トマト農家3年目です。

旅とトマトを人生の柱にしていしたいと思っています。

「旨い!!」と言われるトマトを目指してます。

Q. なぜ農家になったのですか?

元々家が農家ということもあり、家を継ぐ際に自分のやりたいものを仕事にしようと思いました。

自分自身がトマトが好きで、自分が「旨い!!」と思うトマトづくりをしようと思っています。

Q. どんな思いで農業に携わっていますか?

人と人との繋がりを大切にした農業をしていきたいと思っています。

「美味しい!!」「旨い!!」と言ってくれるお客さんを、

少しずつでも増やしていき、自分が作ったトマトのファンを作っていきたいです。

Q. 最後に一言お願いします。

土造りや栽培方法を重点的に学び、旨みを求めて栽培に励んでいます。

生で食しても、加熱してソースで頂いても「美味しい」と言われるトマトの生産を目指し、

日々努力していきたいと思います。

主な出荷先

海藤農園ブランド『 恋 熟 』

『 房どり おやつとまと 』

・丸勘青果市場

・川の駅 ヤナ茶屋もがみ

・食の駅 山形蔵王店

海藤さんの家は農家で米やアスパラなどを生産しており、

幼いころから農業の手伝いをしてきました。

将来は農業を自分の仕事にしていきたいと、農業大学校に進学することになったのですが、

そこでトマト栽培の研究を始め、研究成果は山形県で大きな評価を受けています。

家族の協力もありトマト作りに情熱を持って取り組んでいます。

海藤さんはトマト作りをとおして、生産者と消費者、料理人の垣根を越えてつながる企画にも参加しており、

若者たちのアイディアで作る、新しい農業の形を目指しています。

頼もしい若手農業者との出会い、最上町農業の明るい未来を感じます。

ご協力ありがとうございます。