Home > 新着情報 > 旧有路家住宅《封人の家》

旧有路家住宅《封人の家》

旧有路家住宅《封人の家》

堺田地区にある国の重要文化財「旧有路家住宅《封人の家》(ほうじんのいえ)」。

「おくのほそ道」を記した松尾芭蕉と河合曾良が、元禄2年(1689)5月14日(陽歴7月1日)、2泊3日にわたって《封人の家》に逗留しました。

芭蕉はその時の印象を「蚤虱馬の尿する枕もと」の句で表現しました。

《封人の家》は芭蕉が宿泊した唯一現存する建物と言われています。

この住宅は、山形県東部に古くから見られた茅葺き寄棟造りで、内部も創建当初の姿に復元されているため、当時の様子を見ることができます。

芭蕉と曾良は7月3日に「おくのほそ道」最大の難所といわれる山刀伐峠を越えて、尾花沢市へ向いました。

 封人の家」の詳細はこちらから
封人の家

封人の家

封人の家

いろり

封人の家

土間

 

開館時間

8:30~17:00(11月は16:00まで)

料金

個人 小中学生120円 高校生以上250円

団体(20名以上) 小中学生80円 高校生以上180円

最寄駅堺田駅(徒歩5分)

開館時間(入館は閉館時間の30分前まで)

 

堺田駅を降りると、分水嶺があります。
分水嶺から封人の家までは遊歩道がありますのでご利用ください。

 

 

 

 

 

 

『MOGAPO』トップページはこちら

施設名
旧有路家住宅《封人の家》
999-6106
住所
山形県最上郡最上町大字堺田57-4
お問い合せ電話
0233-45-2397

旧有路家住宅《封人の家》へのマップ

前のページに戻る

 ページトップ